SSブログ

ペルセウス流星群前哨戦その➀&ご報告ふたつ [星・夜景の写真]

ネオワイズ彗星後はしばらくお出掛けせず。梅雨明けも遅かったですね。

微妙な天気のまま、お盆休み突入。
今年は11日と12日が出勤予定だったけれど、有給奨励日になったのでめでたく長期連休に・・・パチパチ♪
土曜日初日は、念入りに墓掃除&お参り。
実は我が娘がその日に入籍したので、父氏と夫氏に報告と今後もしっかり見守るようにお願いしたのでした。


土曜日の夜から、とりあえず長野方面へ・・・


sIMG_7482.jpg
涼と澄んだ空を求めて高度を上げてとある高原へ。ペルセウス座流星群なのか、散在なのか。明るいのがひとつ。




s810_0229.jpg
こんなところに蛍が!よく見ると地面がちらほら光ってました。




sDSC03979.jpg
童話の世界がありました。




sIMG_7639.jpg

木星、土星、アルタイル・・・昇ってきた月に照らされて。




sDSC04345.jpg
まるで美瑛!小さな芽がたくさん。流星はちょっと惜しい。




sDSC05079.jpg
雲がどんどん広がってきました。土曜の夜は移動だけで日曜夜の写真たちです。




sDSC05457.jpg
目覚めればなんと素敵な風景が・・・さて、次なる場所へ移動です。



お盆遠征続きます。



*****************************************



父と夫の墓前へは、7月末に17歳と4カ月の猫生の幕を閉じたまぐろ氏の報告もありました。

まぐろ氏のことは古いブログ友さん達は良く知ってくれていると思いますが、
私がブログを始めるきっかけになったのも愛猫たちがいたから。
病気がちで通院に明け暮れ最後は病院で亡くなったわさび。
ひきかえまぐろは病院に行ったのは壁にこすり過ぎて出来た耳血腫のときと、
太り過ぎが気になって健診受けた時だけ。
かなり大型な猫でしたが、ここ2か月ほど、痩せてきていたのでそろそろなのかと覚悟をしておりました。
歩けなくなって4日間、家族誰かしらが寄り添い、私は仕事があるので夜だけ添い寝をして過ごしました。

最後は夕方、母が撫でているときに大きな呼吸を5回ほどして眠りについたとのこと。
看取ることができて後悔の無い最後でした。

その後はわさびと同じお寺さんで荼毘に付し、自宅に置いてあったわさびのお骨と一緒に9月に納骨する予定です。

猫のいる暮らしは本当に幸せでした。
そして猫のつながりで出来たお友達は今でもとても大事。
ありがとう、まぐろ氏。




nice!(51)  コメント(12) 

nice! 51

コメント 12

りみこ

今日も素敵な星空をありがとうございます
お嬢さまのご結婚おめでとうございます!
そして、まぐわさと呼んでいらした頃からずっと拝見していたなぁと
思い出したりして…まぐろくん、旅立たれたのですね
今頃は一緒に遊んでいたりするのでしょうか?
心からご冥福をお祈りいたします
by りみこ (2020-08-21 09:35) 

kontenten

まぐろさんのご冥福をお祈りいたします。
by kontenten (2020-08-21 14:57) 

kyon

まぐろさん、ご冥福をお祈りします。
美瑛のような素敵な場所ですね。
星空も素敵。
by kyon (2020-08-22 00:41) 

m

まぐろさん、亡くなったんですね…ご冥福をお祈りします。きっとわさびさんと天国で仲良くしているんでしょうね。
娘さんのご入籍おめでとうございます。
まぐわささんはお元気そうで本当に何よりです。星の写真、すごいですね。彗星の写真感動しました。
by m (2020-08-22 00:47) 

Jetstream

残念ですね、ご冥福をお祈り申し上げます。感謝の気持ちとともに寂しくなりますね。夜空と流星は和ませてくれますね。いつもながら素晴らしいショットです。
by Jetstream (2020-08-22 10:23) 

hrd

まぐろさんとは曽根フォト以来のお付き合い(一度も会ったことありませんが)他人事に思えませんm(_ _)m
看取られ逝かれたのは何よりでした。心よりご冥福お祈り申し上げます。
今年のペルセウス座流星群は1枚も撮れました~
なにせ撮れた記憶が無いのでヾ(^v^)k
by hrd (2020-08-22 14:47) 

ZZA700

まぐろさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
今後撮られる夜空の星のどれか一つがまぐろさんかも知れませんね。
わさびさんの近くで光っているかな。
by ZZA700 (2020-08-22 16:16) 

Inatimy

流星に蛍、どちらも見られて嬉しくなりますね。
そして可愛い建物。 元々は風車だったのかしらね。
まぐろさん、永眠なさったんですね。 胸中お察しいたします。
by Inatimy (2020-08-23 06:33) 

imarin

☆りみこさま
ありがとうございます。
ブログを始めて15年も経ちました。
それだけ長いと人生いろいろありますね。
まぐろさんの最後はとても静かで、寝落ちしたかのようだったとのこと。
いまごろはわさびと再会してることと思います。

☆kontentenさま
ありがとうございます。
寂しいですけれど悔いのないお別れでした。

☆kyonさま
ありがとうございます。
最後まで家族に囲まれて良いお別れだったと思います。
リアル美瑛行きたいです^^

☆mさま
ありがとうございます。
17歳で生涯を終えるまで、ほとんど病気もせずに大往生でした。
今頃はわさびや父、夫と再会を果たしていると思います。
娘の結婚でようやく肩の荷がおりたような気がしますが、
未来、孫が産まれたら、また育児が始まるのではないかと戦々恐々としております。

☆Jetstreamさま
ありがとうございます。
まぐろは家族に見守られながら、静かに寿命を全うしたので、
自分もこうありたいと理想の最後でした。

☆hrdさま
ありがとうございます。
曽根フォト・・懐かしいですね。山中湖のほとりで初対面してから何年?
お互いに子供の成長と自身の老いと向き合ってきましたね。
まぐろの最後は、とても理想的。自分も数日横になって静かに逝きたいです。
ペルセというより、あの稲妻写真衝撃的でした。

☆ZZA700さま
ありがとうございます。
そうですね、好きな星をまぐろやわさびだと思っても良いですね。
より撮影に夢中になりそうです。一年中見れる星がいいな。

☆Inatimyさま
ありがとうございます。
川もない高原だったので、蛍がいるとは夢にも思わず・・火球だと思ってしまいました。
牧場跡地らしいので、サイロか何かでしょうか。
他にも可愛い建物がいくつかありましたが、ちょっと怖くて近寄れませんでした。
まぐろは子猫の頃からのんびりした性格でした。
雲の上でもマイペースで過ごしてるに違いありません。


by imarin (2020-08-24 16:16) 

よしころん

まぐろ氏、お母さまが看取ってくださって安らかにあちらに行くことが出来たことでしょう。
わたしも子供の頃から飼っていたニャン、お嫁にいったあと亡くなった祖父の腕のなかで旅立ったと聞いた話を思い出し、泣けてきましたToT
長女がお腹にいた頃の話なのでもう30年以上前のことなのだけどね。
家族だものね…喪失感いかほどかと…お悔やみ申し上げます。

そしてお嬢ちゃまのご結婚これはおめでとうございます!
母としての肩の荷が下りた感じかなぁ… 本当お疲れ様でした。
来年はババ仲間かな~♪
楽しみにしてるよ^^v

さすがの星景写真は相変わらず!!^^v
先週久しぶりに鏡池で撮りましたよー。
imarinちゃんならもっと上手く撮るだろうなぁ…
思いつつ自分なりにがんばって撮った^^;


by よしころん (2020-08-31 19:24) 

K2

そうでしたか。まぐろさん、天に召されたのですね。お心の穴が、少しでも早く埋まりますように。
by K2 (2020-09-04 07:57) 

imarin

☆よしころんちゃん
最後の4日間は安心して眠れるように、常にだれかが寄り添っていました。
途中で何度も、今、病院に行けば点滴などして延命できるのではないかと
迷ったけど、嫌いなキャリーケースに入れるのも可哀そうだったので、自然にまかせました。
同時に娘の入籍があったので、こうして命を繋いでいるんだなと思いましたよ。
まだおめでたではないけど^^;
お盆はようやく晴れてくれて、久しぶりに星空堪能しましたよ。
そろそろお山にも行きたいな。

☆K2さま
ありがとうございます。
悔いの残らないように、最後数日は皆で寄り添って見送りました。
今頃はわさびと再会して、じゃれたり、喧嘩したりしてるかも・・・

by imarin (2020-09-04 16:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。